• 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
商品のご購入はこちらからどうぞ
御菓子司『松屋』トップページブログ『季のおとずれ』
名残りの花
2011.08.23

 

悲しみに涙する夜があっても、朝日を浴び朝露をまとった花をみると…

いつの間にか笑顔になっているから不思議です。

そしてその花が、可憐で小さき花であればあるほど愛おしく思えるのは、わたしだけでしょうか。

数年前ー

一枚の葉書が届きました。

「昨年、奥さまから戴いた種をまきました。芽が出て、ツルがのび…とうとう花が咲きました!

嬉しくて嬉しくて、思わずシャッターをきりました。奥さまの笑顔が、浮かびます」

葉書に写し出されていたのは、真っ白な一輪の花。清らかで可憐な、朝顔でした。

「悲しみも、苦しみも嘘のように吹き飛んで…しあわせな朝でした。有り難うございました。」

最後の一行に、どれだけ感動したことか。“有り難う”はわたしが言う言葉、と思いました。

花って、ほんとうに不思議な力を持っていますね。

 

ツタンカーメンの棺が初めて開かれた時、

その上には形を保ったままの矢車草が一束置かれていたといいます。

わずか18歳で亡くなったツタンカーメンのために、幼き王妃アンケセナーメンが最後に摘んだ花。

三千年の時を超え、王妃の悲しみと想いが伝わりくるような気がします。

王墓の発見に生涯をかけたハワード・カーターが、きらめく黄金の品々よりも、

何よりこの花を愛したというエピソードに、深い感銘をうけました。

花には、底知れぬパワーがあるのだと思います。

そして、どんなにちいさくとも、そのひとつひとつに命が宿っている…と。

 

あの朝顔が観たいー  そう言って下さるお客さまの期待に答えるべく、数年振りに種をまきました。

仕事や雑用に追われ、まく時期が遅くなりましたが、日々ツルは伸びています。

盛夏の花ならず、夏を名残惜しむ花…となりそうです。

これもまた、風流かもしれませんね。

 

   

    立秋を過ぎて咲くのもいとおかし 名残りの花と人は呼ぶかな

    

 

 

 

  

夏の「きんつば」
2011.08.16

残暑お見舞い申し上げます。

 

ようやくお盆が終わりました。

今年は有り難いことに、大勢のお客さまがご来店下さいました。

まとめてのお買い上げが多く、製造をフル稼働させても間に合わないほどでした。

嬉しい悲鳴…と言いたきところですが、せっかくご来店戴いた方にお断りするのは辛いものです。

工場と店を何度も往復したり、時間をおいてご来店戴くなどしてお断りは最小限にとどめ…

何とかお盆を終えることができました。

 

いつものことながら、一番の人気ものは鉱泉煎餅。県外からのお問い合わせもナンバーワンです。

もちろん、羊羹・カステラ・季節の上生菓子もご好評を戴いております。

中でも、和菓子好きの方・和菓子通の方に人気があるのが、「きんつば」。

十勝の最上の小豆をふんだんに使用し、甘さをおさえ小豆本来の旨みをぎゅっと凝縮したお菓子です。

常温にてそのまま召し上がって戴くものですが、夏ならではの美味しい召し上がり方があります。

それは、冷凍庫に入れて凍らせ、氷小豆のようにシャリシャリと食して戴く方法です。

注意点は、ラップやジーブロックなどで密封をし、冷凍庫のにおいがつかないようにすること。

解凍する前に召し上がって戴くのがポイントです。

通常、「きんつば」は常温で1〜2日の賞味期限ですが、冷凍すれば半月は保存可能です。

本来であれば日持ちのしない「きんつば」は、夏季は敬遠されるものですが、

そうした食べ方をご紹介してからというもの、むしろ夏にまとめ買いされる方が多くなりました。

未体験の方は、この夏ぜひ一度お試し下さい。

ちなみに、「きんつば」は、温かいお茶や冷たい麦茶はもちろん、日本酒や焼酎にも相性抜群!

食物繊維が豊富で、低カロリーですから、メタボや糖尿が気になる方には特にお勧めです。

 

日本酒と和菓子、片手にはうちわを持ち…

「日本人だなぁ〜」と、悦に浸ってみてはいかがでしょうか?

 

 

ではー

残暑厳しき折、ご自愛下さいますように…

 

 

 

きずな
2011.08.06

 

暑中お見舞い申し上げます。

 

台風による豪雨の後、蒸し暑い不快な日が続いています。

今も、避難所での暮らしをよぎなくされている被災者の方々を想うと、胸が痛みます。

中でも、悲しくなるほどの日本人のつましさを持たれる東北の人々が、心配でなりません。

一向に進まぬ対策に声を荒げることもなく、厳しい冬を耐え、今また厳しい暑さ…。

過酷な日々の中での、そのお身体は、その心中は…と考えるたび切なくなります。

 

そうした、被災者の方々を励ましたいという想い溢るる、「被災地応援歌」をご存知でしょうか。

わたしが尊敬してやまない田口佳史先生(東洋思想研究家)が作詞されており、

小川マキさんが作曲し、歌っています。

歌詞を読んでは涙し、曲を聴いてはまた涙。。。

田口先生の、被災者を想われる“真心”の歌詞を、ご紹介したいと思います。

 

 

♪きずな

 

1.川は母のようにやさしく流るる  清らかな水に導かれて

  やがて辿り着く大きな世界へ  たゆたいながら我が道ゆこう

  いつか見た岸辺のタンポポ  今も道しるべ

  (*) 変わり続ける時代の中で  変わらぬものがあるはず

      この手の中に希望の光  あなたとの絆

2.山は父のように無言で佇む  険しき岩影厳しさ覚えて

  明日を生きてゆく確かなひとあし  つまずきながら続く坂道

  あの日見た夜明けの地平線  今も道しるべ

  (*)

3.風は友のように明るくささやく  励まし時には背中を押されて

  空の青に浮かぶ雲のまにまに  僕らは歌うよ旅立ちのとき

  忘れない涙と笑顔が  今も道しるべ

  (*)

  ラララ…

  この手の中に希望の光  あなたとの絆

  それは宝物 

 

 

 

この歌は、被災者のみならず、多くの日本人の心に火を燈すことでしょう。

それはやがて大きな絆となり、日本が一つになる礎になる…そう思えてなりません。

機会がありましたら、聴いてみて下さいね。

 

今回は、お菓子とはまったくかけ離れたお話となりましたが、

時折こうした、ぜひともご紹介したい身近な話題をも綴っていきたいと思っています。

次回は、当店の人気商品である「きんつば」の、意外で美味しい召し上がり方をご紹介致します。

どうぞお愉しみに…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ