おいしい和菓子栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』

商品のご購入はこちらからどうぞ
昔ながらのおいしいお菓子を松屋はつくり続けます。


菓子作りの本道 松屋の創業は延宝元年。
江戸時代の栃木で誕生し、今日まで御菓子司としての歴史を少しずつ重ねてまいりました。 創業以来、十四代の長きにわたり、多くのお客さまのご愛顧を賜りながら、一生懸命にお菓子づくりに励んでいます。

先人とお客様への感謝
巴波川の水運で江戸と通じ、また京と日光を結ぶ中継地でもあったことから、独自の文化が花開いた栃木市。
私たちはこの土地に根付いた文化に愛情を持ち、どんなときも品質を落とすことなく、松屋の味を守り続けています。
時代が移ろい、社会と人々の生活が目まぐるしく変化しても、私たちの歩みは変わることがありません。
さまざまな文化を育み、それを今日まで伝えてくれた先人たちに敬意を払うこと。そしてお客さまへの感謝を忘れず、心から喜んでくださるお菓子をご提供し続けること。 松屋はこれからも「本物の和菓子」をつくり続けたいと思います。
お菓子づくりの風景


愛される御菓子司として

鉱泉煎餅焼型
松屋の店頭には、昔から皆さまに愛されてきた伝統の和菓子はもちろん、明治・大正期に新たに考案され定番となったお菓子や、和菓子づくりの経験を活かした洋菓子も、ささやかに並んでいます。
それは、いつも真面目にお菓子づくりに取り組み、愚直に御菓子司の道を歩んできた松屋の姿です。
上生菓子づくり
揺らぐことなき信念
松屋は、お客さまと共にありたいと願っています。
お客さまの日常を彩り、暮らしの中にそっと色を添えらるお菓子を。
大切な方への、季節のご挨拶の品として選ばれる美味しいお菓子を。
これからも松屋は、安易な妥協を許さず原料を吟味して、職人が織りなす「本物」の味を皆さまにご提供し続けたい―

心から、そう願っています。


松屋でお取り扱いしている和菓子

松屋でお取り扱いしている和菓子