• 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
商品のご購入はこちらからどうぞ
御菓子司『松屋』トップページブログ『季のおとずれ』
早春の花たち
2012.01.08

 最近、植物のもたらす力というものを、あらためて感じることが多くなりました。

中でも「早春の花」は、わたしたちに勇気と希望を与えてくれる有り難きもの…としみじみ思います。

例えば今、当店には老梅を飾っていますがー

春の訪れを彷彿とさせる、その鮮やかな黄の色と芳しい香りは、

北風吹き荒れる厳寒の中ご来店戴くお客さまを優しく迎え、心を和ませてくれています。

店の傍らに活けてある小さな水仙もまた、そっと春の香りを漂わせ優しい空気を醸し出しています。

何も語らずとも、そこに佇んでいるだけで人の心を温めてくれる花たち…

なんて素敵!なんて有難い存在でしょう!

長い冬を越えて一斉に咲き始める春の花。

それは冬が長いほど、そして雪が深いほどきれいだといわれています。

そんな春の花たちは、スプリング・エフェメラル(「春のはかない命」・「春の妖精」)とも呼ばれています。

じっと寒さに耐え、雪解けと共に芽を出し花を咲かせるその姿に、人は感動を覚えます。

わたしも幼い頃、渾身の力を振り絞って雪の下から芽を出し花開く姿に、とても感動しました。

嫁いでからは、庭に咲く凛とした寒椿の姿に、毎年励まされています。

 

   花とはほんに有難きもの…ですね。

 

 

年頭のごあいさつ
2012.01.04


明けましておめでとうございます。

 

今年は、十二支で五番目の辰年。

季節では春にあたり、陽気盛んとなり万物が変化伸長する時といわれています。

辰はまた龍に当てられ、中国では雲を起こし雨を呼ぶ変幻自在の霊力を有するところから、

天子・皇帝の象徴とされました。

日本においても龍は神聖視され、神宝の剣や鏡などの装飾に使われてきました。

また、気高く邪気を払う象徴とし尊ばれてきた辰。

辰年生まれの人は、知性に富み負けず嫌いで努力を惜しまず事を成し遂げるとされています。

その辰年であった三代将軍徳川家光公は、きっと墓場の影から…

未曾有の国難からの復興の最中にある我国が、昇龍の勢い、神通力を得られるようにー と、

祈っているように思います。

 

戦後、先人たちは奇跡の復活劇を果たしました。

脈々とその血が受け継がれてきた日本人…必ずや復活できるものと、信じて疑いません。

 

美しの国、日本。

奇跡の復活の年となることを祈りながら、新年を迎えました。

 

皆さま、今年も変わらぬお付き合いをお願い致します。

 

 

 

 

 

年末のご挨拶
2011.12.28


いよいよ…今年も残すところわずかとなりました。

来年は辰年。

今年の悲しみや苦しみを振り払い、天高く立ち上る龍の如く…

力強くかつしなやかに、邁進して行きたいものですね。

 

今年一年のおつきあいに感謝を込め、

皆さまのご健康とご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

来年も、変わらぬおつきあいを戴きますように…。

 

どうぞ、良いお年をー

 

 

 

このページのトップへ