• 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
商品のご購入はこちらからどうぞ
御菓子司『松屋』トップページブログ『季のおとずれ』
早春
2013.03.08

 

早春という言葉がすきでした。

 

雪国に生まれ育ったわたしにとって、「春」とは特別な季節。

 

早春という言の葉の響きは、心を灯すやわらかな光となって、きらきらと輝いていたものです。

 

 

思えば早春に咲く花は、不思議なくらい黄色ばかり。

 

すいせん、マンサク、福寿草… 中でも「あたたかな春」を感じる菜の花。

   

 

いまこそ心に鳴らしたいと思う唱歌は、「朧月夜」

      

    菜の花畑に入り日薄れ 見わたす山の端かすみ深し                              

    

    春風そよふく空を見れば 夕月かかりてにおい淡し

    

    里わの火影も森の色も 田中の小径をたどる人も

    

    かわずの鳴く音(ね)も鐘の音も さながら霞める  おぼろ月夜 

 

ふるさとに降り注ぐ、春の日差し。

 

田畑がひろがり、霞のかかった山の端に夕日がさして、やがてゆっくりと暮れてゆく。

 

美しい国、日本の風景を再現しているのが唱歌ではないでしょうか。

 

四季を繊細に感じとれる、日本人ならではの美しい言の葉。

 

その中に、自然をたたえ、生物を慈しむ心なくば、決して生まれることはなかった言の葉です。

 

ひるがえって今、花曇りと呼ばれた空を黄砂やPM2.5や花粉が飛び交い、

 

早春は、愉しむ季節から警戒する季節と化してしまいました。

 

人間が長きにわたり自然を犯してきたツケを、わたしたちは重く受け取らなくてはなりません。

 

少なくとも、次の世代に残したくはないと思うのです。

  

 

残してあげるべきは、唱歌の中にあるような風景…美しい日の本の姿。

  

 

いちめんに咲く菜の花畑に蝶が舞うー  これが早春の風景だよって言えるようにー

 

 

      

      美しきこの国憂うかなしみや 澄しあの日の唱歌浮かびぬ

 

 

       

 

 

 

 

畏敬の念
2013.02.28

 

去年の夏頃からでしょうかー

 

わたしは同じような夢を頻繁に見るようになりました。

 

そして最近、その夢に出てくる風景とまったく同じ画像を見つけました(下の画像)。

 

この世に生を受けたすべての生き物が息絶え、光は消え、大地は割れ、雨さえ降らない。

 

たったひとり取り残されたわたしは悲しくさまよい、やがてひと筋の光をみつけるのです。

 

心に何らかの哀しみがあるのかもしれませんが、どうしてこのような夢を見るのかわかりません。

 

初めはこうした夢をただ悲しく思うばかりでしたが、しばらくするとある想いがわいてきました。

   

   

   

   人が生きていく上で、なくてはならない不可欠なもの…

  

   それらはすべて人が作り出したものではなく、『自然』であるということ。

 

 

わたしたちは、自然の恩恵をうけているから生きていられるということを忘れがちです。

 

その大いなる自然に、きちんと畏敬の念をもたず生きてきたツケが、地震・津波・排気汚染・etc…

 

その事の重大さを胸に刻み、人間だけが偉いなどという愚かな考えを捨てなければ、

 

この画像のような未来になってしまうでしょう。

 

 

すべての葉を落とし裸になっても凛として佇み、数え切れない小枝を空に向かって伸ばす樹木は、

 

自然の摂理に逆らわず、惑わず、すべてを素直に受け入れ、淡々と生きています。

 

だからこそ強く、そして美しい。

 

 

わたしたちも、見習わなくてはいけません、ね。

 

 

   

         

    このいのち幾久しくと願わくば 感謝するべきこの天地(あめつち)に

 

 

      

 

 

 

 

アイデアが生むもの
2013.02.25

 

春夏冬ー
あら?秋がない。ゆえに、商い(飽きない)。

商売…とくに当店のような小売販売の場合、忙しい時ばかりではなく、
時には暇な日もあります。
そうした時であっても飽きてしまってはいけませんよー
わたしは、そうした戒めの言葉ととらえています。
たしかにあるんですよね、暇なときって(笑)
でも、いつ何時お客さまがいらっしゃるとも限らないので、
... じっと辛抱しなきゃいけません。
そこでわたしは、そうした時間を、「心づかい」について考える時間にしています。
お客さまが悦んでくださることは何だろう。
不景気ですから経費はかけられません。
そんな中で、わたしが考えたアイデアを紹介したいと思います。

1、お釣りの紙幣はできる限り新券を用意する。
2、お車か歩きかを事前に察知し、それに合った袋・風呂敷にする。
3、焼くときに割れてしまった鉱泉煎餅をパックし、試食用にする。
4、発送依頼の際、その方に合った添え書きを一筆したためる。
5、領収書の宛名を記憶し、次回より聞かずに書けるよう努める。
6、販売している商品の、新たな美味しい食べ方を考え紹介する。

他にもたくさんあります(^-^)
考えることは愉しい、お客さまのお役にたてて感謝までされて…
なにより、お客さまの笑顔がかえってくるのが、一番嬉しいですね。

 

               ものよりも 揃えておきたや おもてなし  

 

 

        

 

 

 

 

 

このページのトップへ