栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
商品のご購入はこちらからどうぞ
HOME > 新着情報 >

着せ綿

御菓子司『松屋』の新着情報をご案内致します。

着せ綿
2011年9月2日

ブログでも紹介しましたが、陰暦9月9日の重陽の節句。「菊の節句」とも呼ばれています。

 

昔、生命力の強い菊の花は霊草とされており、重陽の前夜、菊花の上に綿をおいて、

夜露・朝露・香りを移したものを、「着せ綿」と呼び、その綿で顔を拭いたり衣服に使用したりして、

不老長寿を祈ったといわれます。

 

今では耳にすることもない風習ですが、和菓子にはその「着せ綿」というお菓子があるのです。

当店では、はんなりとした色を出すために、天然の紅花色素を使用しています。

そのやわらかな色の菊の練切に、綿に見立てた白い練切をのせて…。

明日、9月3日には店頭に並びます。

 

ぜひ一度、いにしえの雅な風習を思い描きながら、召し上がって戴きたいひと品です。

一覧に戻る
このページのトップへ