• 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
商品のご購入はこちらからどうぞ

松屋から、四季折々の情景をお伝えします。

ちいさな倖せ
2015年9月22日

3.11の時の映像を彷彿させるような先日の大雨による水害で、
当店にも50センチ近い泥水が浸水し後片付けに追われました。
幸いにも自宅は無事でしたが、市内のあちらこちらに畳が立てかけられ、
水害の爪痕を残していました。
被災された多くの方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

 

厳しい暑さもどこへやら…
瞬く間に時はすぎ、はやお月さまを愛でる季となりました。
実りの秋、食欲の秋、スポーツの秋…
秋がつく言葉はとても多く使われますね。
読書の秋もその一つ。
秋の夜長、虫の音を聞きながらの読書は格別です。
わたしの拙い本たちも、多くの方々に読んで戴いているようで、
ほんとうに有難く思います。

 

そんな中「ちいさな祈り」に続き、2冊めの「小さなともしび」が、
予定通り点字本として誕生することになりました。
「ちいさな祈り」を読まれた方々からの反響が大きく、
「小さなともしび」も是非!という県への問い合わせも多くあり、
実現するようになったようです。

 

たった一人でもいい。
読む人の心癒す本となれたなら…と出版した2冊の本。
その想いが通じたのだとおもうと、嬉しくて有難くて。。
また頑張らなきゃ!と、心を奮い立たせてくれた朗報でした。
点字本が出来上がるまでには、たくさんの人々のご苦労があると聞きます。
この場をお借りして、心より感謝申し上げます。

 

   秋の夜 開くページに ひと粒の 落つる涙の あたたかき

 

 

一覧に戻る
このページのトップへ