松屋から、四季折々の情景をお伝えします。

百歳の乙女
2013年9月13日

百歳の詩人として有名になった、柴田トヨさん。
残念ながら既にお亡くなりになられていますが、
近々、トヨさんの一生を描いた映画が放映されるなど、
まだまだその名を轟かせています。

 

亡くなったところは宇都宮でしたが、出身は栃木市。
当店のどら焼きが大好物で、よく召し上がっていたようです。

 

トヨさんの詩は、正直「芸術的」と呼べるものではないと思います。
では、どうしてあれほど多くの方々の心に届いたのでしょうか。
それはー
百歳という年齢が、大きく関係していると思います。
同じ詩をわたしが書いても、まったく売れる詩集にはならなかったはず。
長い長い歳月を重ねてきたトヨさんの言葉だからこそ、心打たれるのです。
そして、あの少女のような まなざし、少女のような言の葉に魅せられてしまう。

 

 -秘密-

 

   私ね 死にたいって  思ったことが 何度もあるの
   でも歌を作り始めて 多くの人に励まされ
   今はもう  泣きごとはいわない
   九十八歳でも 恋はするのよ
   夢だって見るの 雲にだって乗りたいわ

 

なんというバイタリティと情熱!
最期まで愛らしく、すべてを包み込むような笑顔の人でした。

 

トヨさん、
わたしもあなたのように、
しなやかに、美しく、歳を重ねていけるでしょうかー

 

一覧に戻る
このページのトップへ