• 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
商品のご購入はこちらからどうぞ
HOME > ブログ『季のおとずれ』 >

庭フジによせて

松屋から、四季折々の情景をお伝えします。

庭フジによせて
2013年6月21日

誰にも忘れられぬ想い出があります。
人と人には別れがあるけれど、想い出は生涯胸の中にしまっておけます。
時にはそれを、一つひとつ想い出の小箱から取り出して懐かしむ・・・
「うしろは振り返らない、前だけ見ていきていく」という人にとっては、
もしかしたら理解できないことかもしれません。
しかし、
その中であらためて感謝をしたり、その時の真実に気づかされたりすることもあるのです。
今の自分があるのは、過去に出会ったすべての人のおかげ、と思っています。
日々の生活に追われていたり、新たなものへ心トキメカセテいると、どうしても忘れてしまいがち。

 

    人さまから戴いたご恩は、墓場までもっていくんじゃぞ

 

亡き祖母の言葉が、よみがえります。
先日、ご年配のお客さまがお見えになりました。
お菓子をお買い上げ戴いたあと、じーっとカウンターの植木鉢をご覧になると、
ハラハラと涙を流すではありませんか!
わたしは驚いて「どうされました?」と尋ねると、

 

「亡くなった主人がね、この庭フジが好きでねぇ。その中の一つに私の名前をつけたの。
そうして、病院のベッドで亡くなる時、
あぁ、今一度家に戻って庭フジを見たかった・・・ってね。。
わたしは主人を、どんなことをしてでも我が家に連れ帰って、庭の見える畳の上で
最期を迎えさせてあげればよかったって、今でも後悔してるのよ。
でもね、今このフジを見て思った。わたしが一生懸命育てることが供養かしらって」

 

わたしはもらい泣きをしながら、頷きました。
想い出は、人の心を慰め、生きる勇気さえ与えてくれるものなんだということを、
あらためて痛感した、そんなできごとでした。

 

   亡き人の面影うかぶ庭フジの やさしき姿しばしとどめん

 

一覧に戻る
このページのトップへ