• 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
商品のご購入はこちらからどうぞ
HOME > ブログ『季のおとずれ』 >

アイデアが生むもの

松屋から、四季折々の情景をお伝えします。

アイデアが生むもの
2013年2月25日

春夏冬ー
あら?秋がない。ゆえに、商い(飽きない)。

 

商売…とくに当店のような小売販売の場合、忙しい時ばかりではなく、
時には暇な日もあります。
そうした時であっても飽きてしまってはいけませんよー
わたしは、そうした戒めの言葉ととらえています。
たしかにあるんですよね、暇なときって(笑)
でも、いつ何時お客さまがいらっしゃるとも限らないので、
… じっと辛抱しなきゃいけません。
そこでわたしは、そうした時間を、「心づかい」について考える時間にしています。
お客さまが悦んでくださることは何だろう。
不景気ですから経費はかけられません。
そんな中で、わたしが考えたアイデアを紹介したいと思います。

 

1、お釣りの紙幣はできる限り新券を用意する。
2、お車か歩きかを事前に察知し、それに合った袋・風呂敷にする。
3、焼くときに割れてしまった鉱泉煎餅をパックし、試食用にする。
4、発送依頼の際、その方に合った添え書きを一筆したためる。
5、領収書の宛名を記憶し、次回より聞かずに書けるよう努める。
6、販売している商品の、新たな美味しい食べ方を考え紹介する。

 

他にもたくさんあります(^-^)
考えることは愉しい、お客さまのお役にたてて感謝までされて…
なにより、お客さまの笑顔がかえってくるのが、一番嬉しいですね。

 

   ものよりも 揃えておきたや おもてなし

 

一覧に戻る
このページのトップへ