栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
商品のご購入はこちらからどうぞ
HOME >

着せ綿

2011年9月2日
ブログでも紹介しましたが、陰暦9月9日の重陽の節句。「菊の節句」とも呼ばれています。昔、生命力の強い菊の花は霊草とされており、重陽の前夜、菊花の上に綿をおいて、夜露・朝露・香りを移したものを、「着せ綿
2011年9月1日
今日から9月。長月とも呼ぶのは、夜が長くなるから…とか。たしかに、この月に入った途端、暗くなるのが早くなるような気がします。8月最後の夜ー夏の終わりともいうべき昨夜、わたしは夢のようなひと時を過ごしま
2011年8月23日
悲しみに涙する夜があっても、朝日を浴び朝露をまとった花をみると…いつの間にか笑顔になっているから不思議です。そしてその花が、可憐で小さき花であればあるほど愛おしく思えるのは、わたしだけでしょうか。数年
2011年8月16日
残暑お見舞い申し上げます。ようやくお盆が終わりました。今年は有り難いことに、大勢のお客さまがご来店下さいました。まとめてのお買い上げが多く、製造をフル稼働させても間に合わないほどでした。嬉しい悲鳴…と
2011年8月6日
暑中お見舞い申し上げます。台風による豪雨の後、蒸し暑い不快な日が続いています。今も、避難所での暮らしをよぎなくされている被災者の方々を想うと、胸が痛みます。中でも、悲しくなるほどの日本人のつましさを持
2011年7月15日
本日、栃木の御菓子司・松屋のホームページを開設いたしました。松屋のこだわりや商品のご案内、四季折々のニュース、松屋の日常などをご紹介しながら、奥深い和菓子の魅力をお伝えできればと思っています。どうぞよ
2011年7月12日
松屋本店の女将、鈴木由紀と申します。…とはいえ、女将とは名ばかりの未熟者ではありますが、一人でも多くの方に、和菓子の美味しさ・おもしろさ・愉しさを知っていただきたく思い、ブログコーナー「季(とき)のお
このページのトップへ