栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
商品のご購入はこちらからどうぞ
きんつば
2011.10.30

 

 

お寿司屋さんの良し悪しは、「卵焼き」でわかる…と言われます。

では、和菓子屋でそれに当てはまるものはといえば何だと思いますか?

それは、「きんつば」です。

ほとんどが小豆のカタマリともいえる「きんつば」は、誤魔化しようがありません。

どれほどの小豆を使用しているか、その小豆の炊き方は…

そうしたことが、ストレートに求められるお菓子だといえるでしょう。 
当店では、十勝の最高級の小豆を厳選し、手間を惜しまず炊きあげ、一つひとつ焼き上げます。

ですから、通の方にもきっとご満足戴けるものと自負しております。

どら焼き同様、男性にも人気で、勤め帰りにお立ち寄り下さるサラリーマンも多くいらっしゃいます。

以前は、夏のみのお菓子でしたが、今では年間を通して販売しています。

 

一時期 甘さを控える ということが注目され、多くのお店がこぞって甘さを控えました。

しかしその多くは、単に砂糖を控えたに過ぎないのが現状です。

加えて不景気のあおりを受け、小豆の質を落とす所も多いと聴きます。

結果は言わずもがな、コクのない小豆の風味もない、ただ甘みの薄いだけのお菓子になってしまう…。

一方、上質の小豆は多少甘味を抑えても、小豆本来の甘味は薄れることはありません。

 

「生どら」や「苺大福」など、流行やブームの波に乗ることに趣きを置かず、

地道でも、本物の美味しさ・上質で体に良いお菓子づくりを…といった姿勢を貫き、

お客様に悦んで戴ける心をこめた接客を、これからも続けていきたいと考えてます。

 


 

松茸と萩きんとん
2011.10.18


秋も深まり…と言いたいところですが、先日は夏日に逆戻り。

季節感を大事にしたい和菓子屋としては、大変やりにくいのが正直なところです。

 

そんな中、めげずに頑張っているのが、上生の「松茸」。

求肥に卵白を加え、さらに練りこんだ「雪平」というお菓子です。

かさの部分を、当店人気の黒糖羊羹でコーティングし、他の部分に焼き目を入れます。

毎年、「キノコの松茸よりも、お菓子の松茸の方が美味しい」と、嬉しいことを言って下さる人も…。

「松茸は買えないから、これで我慢」という方もいらっしゃるかもしれませんが(笑)。

求肥のようにやわらかく、もっちりとした食感です。

また、萩をイメージした「萩きんとん」は、みずみずしく美しい色。口どけの良い一品です。

どちらも日和柿同様、秋におすすめの上生菓子。

ご賞味戴ければ幸いです。

 

 

 

 

日和柿と 栗むし羊羹
2011.09.30

 

お待たせ致しました!

特製「日和柿(ひよりかき)」と、「栗むし羊羹」を始めました。

 

まずは、日和柿ー

毎年、今かいまかと待ちわびる方が多い、季節限定の上生菓子です。

最高級の干し柿を丸ごと使用し、中に白餡を入れ、羊羹でうす〜くコーティング。

お客さまにお出しする際には、ヘタを取り除き、一口大に切りお皿に盛ります。

まわりの黒と、中の白とのコントラストも美しく、お茶はもちろん、日本酒・焼酎にも相性抜群!

とっても美味な干し柿は、体に良いというのも嬉しいですね。

是非ともおすすめしたい一品です。

 

次は、栗むし羊羹ー

当店は、一般的な“長いままで日持ちさせるようにパックする”ことをせず、

作りたてをカットし、上生菓子同様にルミアケースに入れ、1個から販売しています。

もっちりとした食感が、人気のひみつかもしれません。

 

いずれも、秋の味覚を堪能して戴けると思います.

ぜひ一度お試し下さいませ。


 

このページのトップへ