• 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
  • 栃木県栃木市の御菓子司、創業延宝元年『松屋』
商品のご購入はこちらからどうぞ
御菓子司『松屋』トップページブログ『季のおとずれ』
庭フジによせて
2013.06.21

    

誰にも忘れられぬ想い出があります。

 

人と人には別れがあるけれど、想い出は生涯胸の中にしまっておけます。

 

時にはそれを、一つひとつ想い出の小箱から取り出して懐かしむ・・・

 

「うしろは振り返らない、前だけ見ていきていく」という人にとっては、

 

もしかしたら理解できないことかもしれません。

 

しかし、

 

その中であらためて感謝をしたり、その時の真実に気づかされたりすることもあるのです。

 

今の自分があるのは、過去に出会ったすべての人のおかげ、と思っています。

 

日々の生活に追われていたり、新たなものへ心トキメカセテいると、どうしても忘れてしまいがち。

 

    人さまから戴いたご恩は、墓場までもっていくんじゃぞ

 

亡き祖母の言葉が、よみがえります。

 

 

 

先日、ご年配のお客さまがお見えになりました。

 

お菓子をお買い上げ戴いたあと、じーっとカウンターの植木鉢をご覧になると、

 

ハラハラと涙を流すではありませんか!

 

わたしは驚いて「どうされました?」と尋ねると、

 

「亡くなった主人がね、この庭フジが好きでねぇ。その中の一つに私の名前をつけたの。

 

そうして、病院のベッドで亡くなる時、

 

あぁ、今一度家に戻って庭フジを見たかった・・・ってね。。

 

わたしは主人を、どんなことをしてでも我が家に連れ帰って、庭の見える畳の上で

 

最期を迎えさせてあげればよかったって、今でも後悔してるのよ。

 

でもね、今このフジを見て思った。わたしが一生懸命育てることが供養かしらって」

 

わたしはもらい泣きをしながら、頷きました。

 

 

想い出は、人の心を慰め、生きる勇気さえ与えてくれるものなんだということを、

 

あらためて痛感した、そんなできごとでした。

 

 

 

      

   亡き人の面影うかぶ庭フジの やさしき姿しばしとどめん

 

 

      

 

 

 

 

 

梅雨の花
2013.06.02

 

 

今年も、梅雨の季節になりました。

 

梅雨…といえば紫陽花。

 

この花ほど雨が似合う花って、他にあるでしょうか。

 

もし、終日雨にさらされたら、初夏とはいえどからだの芯まで冷え切ってしまうでしょう。

 

でも、紫陽花はまるでそれを宿命だとでもいうかのように、逆らいもせず、清楚な姿でただ清々しく

 

雨の中に佇んで咲いています。

 

花の色が、妖艶に変化することから、「移り気」などの花言葉をつけられていますが、

 

実は土の酸性度に合わせて花の色を変えているのです。

 

自分に与えられた全ての条件・環境を有りのままに受け入れて適合していく…

 

そんな紫陽花を人にたとえたなら、きっと謙虚で辛抱強い人に違いありません。

 

 

長雨に、わたしたちはつい恨めしそうに空を見上げてしまいます。

 

正直うっとうしくもあり、水害などが気になる季節かも知れません。

 

それでも、草花や木々や農作物にとって、この時期の雨はまさに恵みの雨。。

 

植物や農作物の成長を祈りながら、しばし梅雨の風情を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

黙っていても、ジリジリと照りつけるあの灼熱の夏は、もうすぐやって来るのですからー

 

 

  梅雨なれば すがしき花よ 愛しけれ 忍びし心 映しなぐさむ

 


 

 

 

 

線香花火
2013.05.18

 

幼い頃、祖母と過ごす一番好きな時間は、川原での線香花火。

 

揺らさぬよう、落とさぬよう、瞳こらして見つめていた日が、つい昨日のように鮮やかに甦ります。

 

最期に祖母と線香花火に火をつけたのは、中学三年の夏休みでした。

 

祖母はいつものように、「揺らさんようになぁ」と言ってマッチで火をつけました。

 

「ばあちゃんは線香花火を見るたんびに、人の命とおんなじじゃなぁと思うんじゃ」

 

わたしが、「えーーっ?!人の命は、こんなに簡単に終わらないよ」と言うと祖母は、

 

「いいや、人とていつなん時死んでしまうかわからん。交通事故にあったり、不治の病にかかったりと、

 

予想もしない突然の不幸は、この世にたくさんあるじゃろう? そうした不幸に逢わずとも、

 

やはり人の命は永遠ではない。ばあちゃんもいつまで生きられるか、わからん。

 

明日かもしれんし、5年後かもしれんが、必ず死は訪れる。みな平等に、な。

 

お釈迦さまはそれを、 -諸行無常- とおっしゃった。

 

だから、今日が最期かもしれんってな、ばあちゃんは毎朝そう思う。

 

そうして夜になるとな、ああ!今日も無事に生きられた、と手を合わせる。

 

有難くて、ありがたくて、たまらなくなるんじゃ。

 

年よりだから…ではないぞ。誰しもみな、そう思って生きなければのぅ。

 

一度きりの人生じゃてな。一日を、今を、一瞬を大切にすれば、いのちは輝く。

 

ほれ、お前がいま手に持っている、線香花火みたいに…な」

 

 

 

揺らさずに、大切にたいせつにと握っていた線香花火は、燃え尽きる刹那、最期の輝きを放ち、

 

   ジュッ!

 

それはまるで命をまっとうしたかのような、清々しい音でしたー

 

 

 

 

   今を生き今よ輝け我がいのち 線香花火と燃え尽きるまで

 

 

 

 

                                  

 

 

 

このページのトップへ